薄毛対策に使われるアイテム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
薄毛対策

気軽に始められる、サプリメント

薄毛対策を始めるならサプリメントから試してみるとよいでしょう。
薄毛によいサプリは間違いなく身体にもよいと考えていいです。
身体を元気にすることは肌の元気につながり、頭皮も間違いなく肌の一部に含まれています。
男性の薄毛のほとんどはAGA、つまり男性ホルモンが原因となっています。

ノコギリヤシが育毛成分として注目される理由は5αリダクターゼを阻害できるためです。
コラーゲンは頭皮の弾力性を高めたり、頭皮状態を健康に導いたりするために役立ちます。
亜鉛は毛母細胞の分裂を活発にする成分であり、抜け毛が著しく増え始めた場合は亜鉛不足のケースが多いです。
必須ビタミン・ミネラルを充足させた上で、ノコギリヤシやコラーゲンなどの成分を取り入れていきましょう。

育毛シャンプーや育毛剤

薄毛対策の定番とも言えるのが育毛シャンプーと育毛剤でしょう。
毎日1回のシャンプーにより汚れを落として、頭皮環境を改善することができます。
保湿、抗炎症を予防するためには保湿を入念に行って乾燥させないことが大切となります。
乾燥した状態は炎症リスクを高めてしまうので、炎症やフケの抑制のために正しい方法で1日1回は洗髪をしましょう。

毛穴につまった皮脂を洗い流すことで、育毛剤の浸透力を高めることができます。
育毛剤を使用するときはマッサージを併用することで、血管の拡張や血行の促進が期待できます。
血行が悪くなると育毛剤が毛根に届きにくくなり、頭皮表面に育毛成分が留まってしまうのです。
毎日マッサージをしておけば頭皮状態がどのように変化しているのか判断できます。

進行を遅らせる内服薬

薄毛の進行を遅らせるためには、5αリダクターゼを阻害することが基本となります。
女性の薄毛の場合は血行不良や栄養不足が関係していることが多いですが、男性の場合は男性ホルモンが最も影響しています。
5αリダクターゼを阻害するためには内服薬のフィナステリドが最適で、日本ではプロペシアの名称で有名です。

育毛剤は血行を促進して毛母細胞を元気にしますが、男性ホルモンを抑制することはできないものがほとんどです。
男性ホルモンの過剰分泌は体内から抑制していく方法が効果的なので、育毛剤より内服薬のほうが効果的です。
ノコギリヤシも抑制するために役立ちますが、プロペシアはさらなる効果があります。
ただし医師の処方薬のためドラッグストアや薬局では販売していません。

使い方には注意を払いたい、外用薬

ミノキシジルはもともと高血圧の治療用として使用されていましたが、血管拡張作用によって発毛にも効果的だとあとから判明しました。
日本では第一類医薬品の発毛剤に使用されており、発毛効果を謳える唯一の発毛剤として知られています。
副作用には頭痛・むくみ・頭皮のかゆみなどがありますが、副作用をまったく感じない方も多いです。

ミノキシジルは1日2回の塗布が好ましく、これは薬剤の血中濃度を安定させるためです。
血管を拡張することで毛母細胞に効果的に栄養を供給し、発毛を促進することができます。
使用においては薬剤師の同意が必要になるので、一般的な育毛剤よりも購入するのは面倒になります。
薬剤師と対面することなく購入するには、第一類医薬品を販売する通販サイトを利用するのが一番です。

薄毛対策アイテムに関するまとめ

薄毛を抑えるためには普段から頭皮環境を健全にしておく必要があり、その基本が育毛シャンプーと言えるでしょう。
化粧水を使用するときも、事前に洗顔をして汚れを落としておくでしょう。
シャンプーで汚れを落としておくことは、抜け毛の予防・頭皮の正常化のために欠かせません。

サプリメントと育毛剤を併用する方法もおすすめで、身体の内側と外側の両方からケアができます。
ある程度進行した薄毛に関しては、内服薬と外用薬を併用するのがよいでしょう。
サプリは健康食品ですし、育毛剤の多くは医薬部外品となっています。

内服薬や外用薬は医薬品または医師の処方薬に分類されるので、より高い効果が期待できます。
薄毛対策アイテムを使用される方は、長期的なケアを視野に入れて対策してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

AGAのメカニズム

AGAの原因は、遺伝、男性ホルモン、生活環境の乱れなど が挙げられていますが、その中でも最大の原因は男性ホルモンの影響です。

AGAの原因物質である悪玉脱毛ホルモン 「慈悲トロテストステロン(DHT)」は、脱毛部分の頭皮 に多量に確認されています。

この「トロテストステロン(DHT)」は、男性ホルモンの一種 「トロテストステロン」が「5aリダクターゼ」という酵素と 結びつく事で算出され、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまう 事が分かっています。

本当に、本当に薄毛治療で悩んでいるならご相談ください。
AGA専門クリニックで悩み解決

無料カウンセリング

SNSでもご購読できます。