育毛を促進するいろいろな栄養素

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

亜鉛の栄養素効果

髪の毛はタンパク質によって作られていることを知っている人も多いでしょう。
正確にはケラチンというタンパク質が99%を占めており、これを構成しているのが18種類のアミノ酸です。
ケラチンを作り出すためには体内でアミノ酸を合成する必要がありますが、その合成を行う際に必要となるのが亜鉛です。
そのため亜鉛が不足すると髪の毛の主成分が作られなくなりますし、薄毛になってしまうということです。
また、亜鉛は脱毛症の原因となるDHTを生み出す酵素の働きを抑制する効果もあります。
そのため亜鉛を摂取することで抜け毛の予防にも繋がるでしょう。
亜鉛は育毛を促進する栄養素です。
亜鉛を効率よく摂取したい場合、アサリや牡蠣、鰯などを食べると良いでしょう。

ビタミンB2の栄養素効果

ビタミンB2は皮膚や粘膜、爪などの健康維持に関わっており、毛髪の成長を助けるという働きもあります。
育毛目的ではビタミンB2が注目されていますが、他のビタミンB群もバランスよく摂取するのがおすすめです。
ビタミンB2が不足した場合、頭皮の環境が悪くなってしまいます。
抜け毛が増えてしまうこともありますし、栄養不足によって髪の毛がしっかり成長できなくなってしまうこともあります。
薄毛や抜け毛はホルモンバランスや遺伝などの要因もありますし、ビタミンB2を摂取すれば必ずしも薄毛にならないというわけではありません。
ビタミンB2はレバーや鰻、鯖などといった食品に多く含まれており、積極的に摂取すると良いでしょう。

ビタミンEの栄養素効果

ビタミンEは脂溶性ビタミンの一種であり、血管を広げるという作用があります。
血管を広げることでより多くの血液を頭皮に送ることができますし、髪の毛の成長に必要な栄養素を届けるサポートをしてくれます。
また、抗酸化作用があるので体の酸化を防ぐ役割があります。
細胞が酸化すると白髪が増えてしまうこともありますし、薄毛や抜け毛が増えやすくなることもあるので注意しましょう。
ビタミンEには血管を広げ血液の量を増やし、血行を促進する効果が期待できます。
細胞の酸化を防いでくれるビタミンEは髪の毛と頭皮にとって重要な成分と言えるでしょう。
また、ビタミンCを一緒に摂取すると抗酸化作用を高める効果が期待できます。
ナッツやイワシ、ウナギ、サバなどといった食品に多く含まれています。

イソフラボンの栄養素効果

イソフラボンはフラボノイドの一種であり、主に大豆製品に含まれています。
体内環境を整えてくれますし、肌や髪の毛、頭皮に良い影響を与えてくれるということです。
イソフラボンには女性ホルモンと同じような働きがあるため、ホルモンバランスを正す拮抗作用が期待できるでしょう。
女性ホルモンの一種であるエストロゲンには薄毛や抜け毛を予防する効果があります。
そのため女性ホルモンに似た性質を持つイソフラボンを摂取することにより、薄毛や抜け毛の改善に繋がるでしょう。
また、イソフラボンには毛母細胞を活性化するという作用もあります。
薄毛や抜け毛は男性ホルモンの過剰分泌によって引き起こされると言われています。
女性ホルモンに似たイソフラボンを取り入れることにより、男性ホルモンの分泌量を抑制することができるでしょう。

育毛を促進する栄養素に関するまとめ

育毛のためには髪の毛の成長に欠かせない栄養素をしっかり摂取する必要があります。
毎日仕事などで忙しく、加工食品やファストフードばかり食べている人もいるでしょう。
しかし、髪の毛というのは摂取した栄養素を元に作られており、偏った生活をしていると髪の毛を作るために必要となる栄養素が不足してしまいます。
結果として薄毛や抜け毛が引き起こされてしまうこともありますし、育毛の有効成分をきちんと摂取した方が良いでしょう。
また、栄養不足になると薄毛や抜け毛が発生しやすくなるだけでなく、頭皮に痒みや炎症などといったトラブルが発生してしまうこともあります。
亜鉛やビタミンB2、ビタミンE、イソフラボンなどをバランスよく摂取しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【新宿AGAクリニック】

半額キャンペーン中!

医学的根拠に基づいた薄毛治療【新宿AGAクリニック】
30~50代男性。初めての方の朗報!
他の医院に通っていたけど直らなかった方でもご安心
診療前にもメールで画像を送ることで、医師からの無料の画像診断が受けられます。
そのため、安心してください

初めての方でも安心!半額モニターキャンペーン実施中!薄毛治療なら新宿AGAクリニック

薄毛治療なら新宿AGAクリニック

SNSでもご購読できます。