短期間に大量の髪の毛が抜けるのは円形脱毛症かも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
円形脱毛症

円形脱毛症になる原因

薄毛治療・AGA治療は専門病院、TOMクリニックへ
円形脱毛症の原因はまだ明らかになってはいません。
ただ、様々な説が提唱される中、有力な説とされているのが免疫異常による自己免疫疾患です。
自己免疫性疾患により脱毛症が起こる仕組みについてですが、本来であれば外部からの侵入物に対して攻撃を担っている免疫細胞のTリンパ球が、何かしらの理由で正常に働かなくなり自身の細胞を異物と誤認して毛包(毛根を保護する組織)を攻撃した結果、炎症が起こり毛根がダメージを受けて髪の毛が抜けてしまうと考えられています。

こういった免疫異常は精神的・肉体的ストレスで自律神経が崩れる、婦人科疾患によりホルモンバランスが崩れること、親等が近いほど発症しやすいというデータがある遺伝的要素、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患が原因で起こると考えられており、特にアレルギー性疾患は円形脱毛症の80%近くを占める原因となっています。

『HARG療法』なら、大宮中央クリニック!

円形脱毛症になりやすい人とは

円形脱毛症は臨床皮膚科の統計的観察データによると、男女問わずどの年代でも発症することがある脱毛症であり、年齢別に見ると15歳以下で発症する人が約25%と多いです。
円形脱毛症は男性より女性の方が発症率が1.5倍と高く発症率は人口の1~2%と推測されていますが、疲労やストレスが発端となって発症することも多いため、性格が几帳面・神経質な性格人が円形脱毛症になりやすい傾向にあります。

また、円形脱毛症は慢性蕁麻疹・花粉症・アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状が相互関与することで自己免疫性疾患を誘発すると考えられており、アレルギー同士でどちらかが悪化するともう一方が良くなるなどといった相互関係が見られる場合も多いですから、アレルギー体質や自己免疫性疾患を持っている方は特に円形脱毛症になりやすいタイプだと言えます。

『毛髪再生治療』なら、川崎中央美容外科形成外科クリニック!

円形だけではなかった!様々な円形脱毛症のタイプ

円形脱毛症といえば部分的に髪が抜け落ちて10円玉大の脱毛斑ができてしまうため「10円ハゲ」とも言われていますから、円形の脱毛斑ができる脱毛症だと認識されている方が多いかもしれませんが、実はそういったコイン状の脱毛症だけではなく円形脱毛症にはいくつかの種類があります。
円形・楕円形に髪の毛が抜け落ちるのは円形脱毛症で最も多い「単発型」と円形・楕円形の脱毛斑が複数(2か所以上)できる「多発型」といわれるタイプになります。
また「蛇行型」は後頭部や側頭部の生え際に沿って、蛇の通り道のような脱毛斑ができ広がっていく円形脱毛症で珍しいタイプです。
「全頭型」は文字通り全ての頭髪が抜け落ちてしまうタイプで治療に時間を要するタイプです。
そして、全頭型が進行して脱毛症が眉毛や脇毛など全身の体毛に及ぶようになるのが「汎発型」です。

薄毛頭髪治療ならKМ新宿クリニックのFUERS植毛

円形脱毛症を治療するには

軽度の円形脱毛症は治療しなくても自然治癒するため、発症しても気付かないうちに自然治癒という場合もありますが、脱毛範囲が頭部の25%未満が軽症という扱いではあるものの、脱毛斑が広がる・増えると難治症の円形脱毛症に発展する可能性もあるため皮膚科で治療を受けるのが賢明です。

治療はアレジオン、セファランチンといった抗アレルギー剤やリンデロンなどの塗り薬・ステロイド局所注射で免疫異常を抑えることが基本となりますが、脱毛斑が広範囲になってくると人工的にかぶれを引き起こすことで自己免疫性疾患を改善していく局所免疫療法(SADBE療法)、免疫の働きを弱める光線療法(PUVA療法)などといった治療も行われます。
また、全頭型や汎発型など重度の円形脱毛症に対しては高い効果がある入院を伴うステロイドパルス療法も行われますが、こちらはステロイド大量投与による副作用のリスクもあるので子供には行われない治療法です。

半年で結果を出したい人の毛髪再生クリニック

円形脱毛症についてのまとめ

円形脱毛症は頭髪の病気で目立つため、ストレスも溜まりやすく悪循環に陥りやすい脱毛症であり、そういったことが原因で再発しやすい脱毛症でもあります。
軽度であれば3ヶ月から半年程度で自然治癒する場合もありますし、個人差はあるものの脱毛範囲が狭く発症して1年以内であれば完治するケースも多いですが、多発型の脱毛斑がつながって拡大していくなど症状が進行すると重度の難治性円形脱毛症を発症する可能性があります。

そのため、円形脱毛症は気付いた時になるべく早い段階で皮膚科を受診することが必要な脱毛症だと言えます。
ただ、円形脱毛症の治療は基本的に保険適用となるものの、有効性があると推奨されているステロイド局所注射や局所免疫療法は保険適応外となりますし、脱毛症専門のクリニックとなると保険適用外の治療が多く治療費が高額になるケースもあるのでその点は注意しておかなければなりません。

FUERS植毛法治療には

KM新宿クリニックのFUERS植毛法は、
術後すぐに増毛効果がその場で実感できます!

薄毛頭髪治療ならKМ新宿クリニックのFUERS植毛

1.一生負けない髪を作れる
2.自然に仕上がる
3.傷や火傷などの医療植毛にも対応

常に進化し続ける美容医療を学び・精進し、従来の美容クリニックの
概念にとらわれず、より良いクリニックを作っていきます!

FUERS植毛センター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。